【雑記】準備の範囲

長いお休みが終わり、会議が立て続けに入っている現実を直視することになった。あの資料をまとめておかないと。事前に調査してレポートつくっておかないと。連休中にもらったメールを会議資料に入れ込んでおかないと。参加者は5名。印刷するのは、この資料だけでいいだろう。白黒で問題ないな。

 

誰もが経験する「準備」。ふと、当たり前のことに気がつく。

毎日は「準備」の連続、なのだと。

 

天才的な才能があれば、「準備」なくしても色々とうまくいくかもしれない。

もしくは、殺人的なスケジュールを過ごしているのであれば、うまく行かせるようにその場で付加価値をかけつつ、会議なり打ち合わせをまとめることができるのかもしれない。そうだとしても、会議や打ち合わせの直前は、どう話を運ぶのかを頭の中でシミュレートするだろうし、必要な情報がどこにあるか、すぐに相手に出せるのか、そんな「準備」をすると思うのだが。自分の事情や都合は横においてもいいが、会ってくれる人の時間を無駄にはできないし、希望や期待を事前に見積っておくことは、最低限の姿勢だとも思っている。

 

幸いにして、この「準備」が嫌いというわけではないよう。

もっとも、「準備が嫌いだ」なんて言ってしまえば、仕事が嫌いだということと同義なほどに、地道なことの連続が毎日だろうし、たぶん、大抵の人はそうなんじゃないかなとも思っている。毎日がワクワクハラハラ、ぶっつけ本番の連続という人生もあるのだろうけれど。

何を経験するにせよ、一人ひとりの心がけかなって思ったりもするから、「準備」でもわりかし簡単にワクワク、ハラハラしちゃうのは、お得な性分なのかもしれない。

 

書類の枚数、時間、場所、部屋の明るさやプロジェクタとのコネクタの種類、先方はお茶が好きか、水がいいのか、そういう細かな部分まで「準備」するのに、なぜだか服装は曖昧なままなんだろうなって感じることが多い。言い換えると「準備」の範囲に服装が含まれないってこと。

 

シワだらけのジャケット。生地のほころびの多いシャツ。クリースのなくなったズボン。手持ちの部分がボロボロのカバン。靴を脱いでしまうと、薄くなったかかとが露わな靴下。汚れた靴の先。踵が曲がった靴。

これもまた日常であって、現実か。

 

匂いや明らかな汚れはさすがに指摘が入るかもしれないが、上にあげたような小さな部分、とりわけ「劣化」に対して、みなあまりにもおおらか。書類の誤字やちょっとしたインデント、お土産物の包装紙や紙袋には、厳しいチェックが入るのに。

このアンバランスさが、気持ちが悪い。

 

サイズは買い間違いをしてしまったという「準備不足」があったのだとしても、清潔感は心がけと時間をかけさえすれば、維持することができる。

本来すべきことが、なされていない、というのも、気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください