【練習問題】SUITS Season1-3 1

3話目。今回はマイクが多いです。いつもシャツばかりで、ジャケットはあまり羽織ってないけど、シャツについては細かな部分を見ていきます。

 

【指摘事項】

1. マイク シャツの胸ポケットなし Good!

シャツには本来胸ポケットはない。下着だから。カジュアルなテイストを出す上ではあってもいい。その意味で、ボタンダウンならば胸ポケあり。

このマイクは基本スーツだから、カジュアルは不要。かつ、生地は多分ブロード。そうであれば、フォーマルに決めるべきで、胸ポケなしは正解。

 

 

 

2. ハーヴィー クレリックシャツ No Good

クレリックのメンタリティとして、“シャツが主役”という趣があると個人的には感じている。キャンディストライプとかもそういう趣。対して、シャツはスーツとタイとを馴染ませるいわば“媒体”的な役割とみなす考えがある。個人的には、後者のほうにダンディズムや統一性を感じる。

したがって、クレリックはあまり好きになれないし、1柄とカウントするようにする。全体を2柄で抑えるという前提に立つと、シャツであれこれ柄を使いたくない。

 

 

 

3. マイク S字を描くこと、お尻に位置 Good

背中については、S字を描くこと。お尻は少しだけ見えること。丈が短ければ短いほどに幼くなる。男のお尻が見たいやつなんて、いないのだから、適切に隠すべき。若干、このマイクでも短いかもなので、0.5cm程度長くてもいいかもしれない。

 

 

4. マイクの同僚 ライトグレー No Good!

スーツの色は濃いほどフォーマル。そして、全体も引き締まる。また、無彩色であるグレーよりも、紺のほうが使いやすい。ライトグレーはカジュアルに映る。これらを考えれば、若い人がライトグレーを選ぶ理由は減る。

 

  1. ハーヴィー ストライプ No Good!

勝手なカウント方法なんだけど、シャドーストライプや織りを0.5柄とカウントする。このハーヴィーの場合、スーツはチョークストライプで1柄。タイはレジメンタルで1柄。加えて、シャツがサックスブルーはOKだけど、織りが入っているので、0.5柄。合計2.5柄。 全体として、2柄で抑えることを僕は心がけていて、そこからは外れる。

ちょうど2005年の社会人1年目にストライプ オン ストライプ が流行したけれど、現代においてはちょっとやりすぎな感じはする。

 

 

 

  1. ルイス ストライプ Good!

5のハーヴィーと比較すると、ルイスのほうが上手だと思う。

スーツはシャドーストライプで0.5柄。シャツは柄なし。サックスブルー。そして、濃い紫のタイ(青系)1色。また、柄はストライプ(紺:スーツとリンク)で1柄。合計1.5柄。5のハーヴィーと比較すると、こちらのほうが落ち着いた色合いになるし、上司役には適していると感覚的だけれど、少し説明できていると思う。

また細かなところだけれど、えりが静かにジャケットの中に入っている。しかもふんわりと。(たぶん、)シャツのえりにプラスチック(カラーステイ)を入れたりはしていないはず。プラスチックという人工的なものを配さない、という勇気もルイスはかっこいいと思う。

 

 

【雑感】

色相についてちょっと詳しく書こうと思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください