【エッセイ】手ぶら通勤

高い革の鞄に投資ができず、長くエルベのリュックを使っていた。

 

ルール的にもナシだし、褒めれたものではない。まして、スーツのときは手提げだけれど、材質はスピーマコットンと革。んー、全部革にしたい。で、10万出せるのか?という部分で、いつも後ずさりする。

 

もっとも、リュックでことなきを得ているのは、仕事柄、社内か海外にいるだけで、営業がない=社外の人に会うことがほとんどない、という事情による。

そこで、じゃ、ミニマリスト的な考え方が増える中、俺も鞄をなくす事ができるのではないか?ってことで、今一度持ち物を考えてみた。

 

<Before>リュックの中身

手帳、ペンケース、靴べら、鍵、小銭入れ、財布、メガネ、社員証、メントス、タバコ、ヘッドフォンかイヤフォン

 

よく考えるとMacは3台あって、なんで3台も買ったのか、という理由はCloudでデータ管理するし、東京の満員電車でMacを開くことなんてない、という現実。じゃ、家と会社でそれぞれにMacが開ければいいので、持ち運ぶ必要はない。

 

この考え方を<Before>の持ち物を適応。

<After>

手帳:一日のはじめに見直すだけ。会社でOK.

ペンケース:会社で使うのみ。

小銭入れ:iPhoneの中にあるSuicaで小銭は大丈夫。会社でOK.(会社には小銭しか使えない自動販売機があるため。)

財布:使わない。家。

メガネ:会社に一個だけ放置。

メントス:会社と家とにおいておく。

タバコ:Macと同じ考え方でそれぞれにおいておけばOK.

 

靴べら、鍵:持ち運ぶしかない。

社員証:首から下げている部分は会社に放置。ID部分のみ持ち帰りの必要性。

 

結果として、靴べら、鍵、社員証(ID部分のみ)とiPhoneとイヤフォン(ヘッドフォン)。

 

靴べらと鍵と社員証はポケットへ。。。入れたくないけれど、通勤往復2時間だったら、、、、鞄の10万円出すよりはいいか?これはTrade off。。。

悩ましいけれど、臨時ボーナスが入るまでは、やはり経済性優先で行きます。。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください